2014年11月05日

オススメたこ焼き器!たこ焼き器は電気かガスか

2014y11m28d_133532122.jpg


たこ焼き器には大きく分けて電気式とガスボンベ式がありますね。購入を検討されている人の中にはどちらにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか。

それぞれの特徴とおすすめポイント、長所、短所をまとめましたのでたこ焼き器を選ぶ際の参考にしてください!


●電気式たこ焼き器の特徴

コンセントがあればできるタイプです。
最も手軽で値段も低価格です。1000円から2000円前後で買えます。
操作や手入れがシンプルで扱いやすいのが特徴で家庭で手軽に美味しいたこ焼きを楽しみたい方におすすめ。

しかし意外と電気を消費します。電子レンジや炊飯器との同時使用などでブレーカーが落ちやすいご家庭は注意です。

たこ焼き器にもよりますが短時間で生地が問題なく焼けるほどの火力があり、テフロン加工されているので少量の油でもこびりつきにくく綺麗なたこ焼きが焼けます。しかしガスのように直火ではないので、場所によって焼き加減にムラが出ることも少なくありません。

電気仕様のものはプレートと本体が一体型の物が多いです。そのようなたこ焼き器はプレートだけ取り外して洗うことができないため、キッチンペーパーなどで汚れをしっかりと拭き取ってお手入れすることになります。

テフロン加工のプレートは何年か使用しているうちにテフロン加工がはがれてこびりつきやすくなって使えなくなってしまいますが、もともと低価格なので元は取れます。
また、電気たこ焼き器はコンロに乗せて使うたこ焼きプレートと違い、プレートだけ交換することができません。

プレートと本体が一体型であること、水に弱いこと、プレートだけ交換できないことなどからガスコンロタイプのたこ焼き器よりも寿命も短いことが多く、長く使用したい方や頻繁にたこ焼きをする家庭には不向き。
家庭用にたまに楽しむために買うには申し分ないです。

最近の電気たこ焼き器は高性能なものも多く、高火力で焼きムラも少なくプレートだけ取り外して洗うことができるものや一度にたくさん焼けるファミリータイプの物もあります。


★電気式たこ焼き器おすすめランキング


1位



2014y11m28d_133503537.jpg




・一度に18個焼ける大判プレート。
フッ素樹脂加工で焦げ付きにくく、
簡単にたこ焼き作りが楽しめます

・スイッチ on/off のシンプルな操作で使いやすい。
・一体型なのでプレートだけ取り外して洗うことはできない。
・濡れタオルなどでふき取って手入れをする。
・1時間あたりの電気代14.3円
・温度のムラやバラツキが少なく扱いやすい。
・単純な構造ゆえに壊れにくく比較的長寿命

2位


2014y11m28d_133523905.jpg




焼肉に適した波形プレート・平面プレート・たこ焼きプレートの
三種類のプレートがこれ一つにまとまる。

・消費電力が1300Wと若干高め。ブレーカーに注意。
・すでにホットプレートがある場合は場所を取るので不向き。
・コンパクトな縦置き収納型で穴あき・波形プレート、たこ焼きプレート、金属へらが幅15.6pにまとめて収納できる。
傷に強く、遠赤外線効果も高いコーティング
・本体、プレート、ヒーターがバラバラに取り外せるのでお手入れが楽ちん。



3位

2014y11m28d_133633210.jpg




プレートが着脱できるのでお手入れが楽で衛生的。

・一番の特徴はたこ焼きの穴の間にある溝!
・溝にそってピックで生地を切り離せば均等な大きさのたこ焼きが焼ける。
・1時間あたりの電気代18円
・24個が一度に焼けるファミリー向け
・安価で必要十分な機能を備えています。





●ガスボンベ式たこ焼き器の特徴

ガスボンベを取り替えて使うタイプのたこ焼き器。
火力が強いため、早く綺麗に焼きあがる。
外がカリッ、中がふわっと簡単にお店の味に仕上がる。

たこ焼きの味にこだわりたい方にオススメ。
電気代がかからないので場所によってはガスの方が安い場合も。
鍋用に家にカセットコンロがある家庭にはおすすめです。
火力が強いので本体も熱くなるので注意。
本体の下に鍋敷きやタオルなどを敷いて置くといいです。


★ガス式たこ焼き器おすすめランキング


1位


2014y11m28d_133700081.jpg




・高火力バーナーでスピーディーにムラなく焼ける。
美味しさで言えば電気式より段違いに美味しい。
・フッ素加工プレートで焦げ付きにくい。
・プレートを取り外して洗えるので衛生的
・専用の高火力バーナー内蔵なのでカセットコンロがない家庭でも買い足す必要がない。
・本体が温度上昇しやすい。
・レシピ、竹串付きで届いたらすぐ使える。

2位


2014y11m28d_133723533.jpg




・家庭のカセットコンロに乗せて使うたこ焼きプレート
肉厚素材であるため保温性が高く、仕上がりが綺麗。
・失敗が少なく誰でも上手に焼ける。
・深さ7mmで少し大きめのたこ焼きができます。


3位


2014y11m28d_133743115.jpg




本格的なたこ焼きにこだわるなら鉄製のプレート。
・使えば使うほど油がなじんで焦げ付きにくくなる。
・サビに気を付ければ10年でも20年でも使える。
・たこ焼き屋さんはみんな鉄製。店の味を家庭で再現できる。
・フッ素加工がされていないので前処理が必要です。
・手がかかっても美味しいたこ焼きには変えられない!という方におすすめ。



medium_5846033029.jpg
photo credit: wallyg via photopin cc



個人的にはガスタイプのものがおすすめです。火力を調節できて使い勝手がよく、プレートも丸洗いできて衛生的です。

一番の利点は電気タイプのものより初心者でも上手に焼くことができることです。せっかく作るなら美味しいほうがいいし、カセットコンロは鍋などでも使うのでプレートだけ買ったほうが収納しやすいですね。

関連記事:たこ焼き器 おすすめ6選!















posted by とぱ at 17:06| 人気のたこ焼き器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。